読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

踊る猫の生活

acid daze are back

橋口亮輔『恋人たち』(2015)

映像
恋人たち [DVD]

恋人たち [DVD]

 

群像劇である。三人の男女が登場する。妻を通り魔に殺されて以来立ち直れないでいる男、夫と反りが合わなくて不倫の恋に走る不器用な主婦、ゲイの弁護士。彼らと彼らを取り巻く「恋人たち」の姿を描いた作品となる。ほんの一瞬だけ彼らは交錯し合うが、結局は彼らは彼らの孤独を生き切ることになる。

観ていてケン・ローチの作品を想起させられたのは私だけだろうか? いや、ケン・ローチの作品のドライな風土と橋口亮輔監督のウェットな作品とは水と油ではあるのだけれど、社会問題に果敢に切り込むあたり(貧困に喘ぐ人々をこの上なく生々しく描いているところ、そういう問題から逃げないところ)に共通項を感じたのだ。このテの作品はスロースターターと相場が決まっているが、やはり伏線をバラ撒きまくる序盤は観ていて苦痛でしかなかった。だが迂闊に観てしまうと後半の怒涛の展開の感動を観逃すことになる。なんとも剣呑な作品だ。

弱点はないでもない。アップで登場人物に接近するあたりに、どうも「泣かせ」に掛かる監督の作為を感じてしまったのだった。だがそれも瑕瑾に過ぎない。力作であることは間違いがないだろう。観終えた後、それでも希望はあるし人は生きて行かなければならない、あるいは生きて行けるのだという重い真実に打ちのめされた。

広告を非表示にする