読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

踊る猫の生活

acid daze are back

電通報のキャッチコピーが、電通が「ノーギャラ」で仕事を強いていると解釈されている件について

雑記

あまり時事ネタを取り上げたくないのだけれど、どうしても気になったことがあるので書いておきたい。陳腐なことしか書かないので斬新な切り口を求めている方は読まない方が時間のムダにならなくて済むのではないかと思う。

一昨日だったか、こんなツイートが拡散された。 

 

私はこのツイートはリアルタイムでは読まなかったのだけれど、たまたま電通関係のニュースを Twitter で調べていた時に電通報が問題の記事を紹介していることはリアルタイムで知った。それに関して私は次のようなツイートを書いた。

それで電通報がこのツイートを消したことが問題となっている。

togetter.com

問題のツイートに関しては、この Togetter で纏められたツイートや Togetter のコメント欄でも喧しく語られているが、電通が「ノーギャラでも」仕事をさせることを強いるように意見が誘導されている印象を受ける。だが、実際のところはどうなのだろうか。肝腎の電通報の記事を是非読まれたい。

dentsu-ho.com

この記事において重要なのは、「ノーギャラ」の下りで次のような前置きが書かれていることだ。

前提として強くお伝えたいしたいのは、ノーギャラで何かを実現することを美化しようということでは一切ありません。ギャラは大切です。何かの発注に対して、自分の仕事をし、そこに適切な評価を受け、その分のギャラを頂くこと。それは、気後れすることなく、主張していくべきです。
ひとつだけ例外があるとすれば、相手の力になりたくて、自分がどうしてもやりたいと思った時。いわば、「これはやるぞ!」と、自分が自分に発注するような時。自分がやりたいから、自腹でもやる。そういう腹のくくり方ができる時であれば、それはぜひともやるべきだと思います。当然、身銭を切るとなれば、生半可な気持ちでは取り組まなくなるでしょう。 

つまり、「ノーギャラで何かを実現することを美化しようということでは一切ありません。ギャラは大切です」と語られているのである。それに対する「例外」として自腹を切ってでも「ノーギャラ」でやることが推奨されているのだ。

むろん、この記事に対する異論・反論 はあろう。幾ら「例外」とは言え、ノーギャラでも仕事をするのは如何なものか……というように。そこまで踏み込んだ意見なら建設的だと思う。しかし、ネット上の反応ではそうなっていない印象を受ける。「電通はノーギャラで仕事を強いる」という文脈で読まれているように思われるのだ。

私は即座に次のような意見を書いた。

「既に指摘されているが、ことの発端となった文章では(その内容の賛否は分かれるだろうが)「前提として強くお伝えたいしたいのは、ノーギャラで何かを実現することを美化しようということでは一切ありません」という充分な配慮が為されている。その「配慮」の重要性を分かっていないと解釈されても仕方のない典型的なミスリードを誘うキャッチコピーを、あろうことか「広告代理店」の人間がつけてしまったことを残念に思う。「松居大悟」というハッシュタグつきで広められてしまったことで氏への印象を歪める結果になったことも残念だ」

http://togetter.com/li/1035154#c3132707

幸いなことに一定の支持を得られたようでホッとしている。

私自身の判断を述べさせて貰えれば、大元の電通報のコラム自体は意義深い/興味深いものだと思っている。だから繰り返しになるが、問題はこのような「ミスリード」が、私のような三文ブロガーならまだしもその重要性を理解していなければならないはずの「広告代理店」の「コピーライター」によって行われてしまったことだ。

従って、見事にその「ミスリード」に引っ掛かったツイッタラーが肝腎の電通報の記事を読まずに電通バッシングを繰り広げているのを見ると如何なものかと思う。いや、もちろん電通の過労死に対しては私も問題視しているが(言うまでもなく、この問題は「ブラック企業」に留まらず今の企業のあり方全体に関わるものだと思うが)、この件に関しては電通の担当者の「ミスリード」も問題だが、それに誘導されてしまっているツイッタラー(あるいははてなブックマークのコメンテーターでも良いのだが)に対しても「残念」以外の言葉が出て来ないのである。

私は綺麗事を言っているのだろうか。恐らくそうなのだろう。だが、過熱する電通への怒りがこのような「ミスリード」を引き起こし誤解を(と敢えて書く)招いている現状はいただけない。それが私の現時点での個人的見解である。

キャッチコピーは重要だ。私も気をつけなければならない。